FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

これほどの落胆を味わったのは昨年6月のW杯以来か…。

連覇を賭けて臨んだアジア杯。結果は予想だにしていなかったベスト8での敗戦

でした。 敗戦から一週間以上経過した今も、なかなか現実を(敗戦を)受け

入れる事ができません。

今回のアジア杯を戦うにあたって、2点の懸念材料がありました。

①ハビエル・アギーレ監督の八百長疑惑問題
スペインのクラブチーム“レアル・サラゴサ”を率いていた2011年、最終節までもつれ
込んだ残留争いを勝利で納め、劇的に1部残留を決めた試合が対象となっている模様。
前節に残留を決めた相手チームは…前節から先発メンバーを5人(!!)入れ替え、主力選手が出場せず…といった内容。
試合は2-1でレアル・サラゴサが勝利し残留を決めましたが、レバンテのプレーが低調だったため、当時から八百長の疑惑の噂が囁かれていた。

真実は1つしかありませんが、日本サッカー界に於いてはなかなか難しい問題です。一連の“八百長疑惑の責任”という名目で簡単に解任できると思いますが、(有罪と決まった訳ではないし、有罪ではないと信じているが…)選手の動揺やこれからのロシアW杯予選を戦っていく中でマイナス要素を抱える事は明白です。アギーレ監督の目指すべき日本のサッカー観、試合運びの手腕など決して低い評価ではく、むしろ高評価。メデイアからのバッシングやスポンサーからの解任圧力などサッカー協会を取り巻く環境が事態をさらに難しくしている傾向にあると思います。


②選手の固定化(W杯メンバーがほとんど)
GK:川島 DF:吉田、森重、長友、酒井(高)、
MF:長谷部、遠藤、香川、FW:乾、岡崎、本田 … 今回のアジアカップ召集メンバーについては個人的には不満でした。なぜなら、昨年のW杯時のメンバーと何の変化もなかったからです。就任当初はサガン鳥栖の坂井選手を抜擢したように、アギーレ監督が『良し!こいつだ!』と思ったメンバーをもっと選出して欲しかったです。仮にそれで負けたとしても、十分に納得できた思います。昨年末の親善試合からザッケローニ前監督時に主力だったメンバーを召集し始めてから、その場しのぎの“及第点のキープ”ように感じてしまい、サッカー日本代表に新鮮味が無くなってしまったのも事実です。

      2014-2015-03_2015020510592439c.jpg

今回のアジア杯の敗戦は不運な部分も確かにありましたが必然だったと思います。

シュート35本を放って得点はわずか“1”…改めて決定力不足が露わとなりました。

また各年齢カテゴリーで(U-22など)アジアですら勝てない状況となっており、

(だからA代表で召集できないのか?他の国々の育成が進んでいるのか?)

過去に記憶のないくらい日本サッカー界は危機的状況に陥っています。

3月には親善試合が2試合組まれています…それまで動きがあるのか?

監督解任は簡単ですが、協会そのものの変革が一番求められるのでは?

…と感じます。


ご訪問ありがとうございます!良かったらクリックしてね!
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2月となりました…

2015年最初のライブ決定!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。